【アパート探しをスムーズに進めよう】物件選びのポイントとは

最新記事一覧

地方にも増えました

間取り

初期投資を抑えられます

都心部だけではなく最近では地方でも、需要が増えてきているシェアハウスですが、どうして人気があるのかをご存知でしょうか。初めて登場したときには長期滞在する外国人の利用者が多かったのですが、今では日本人も居住するようになりました。従来であれば一人暮らしを考えている人の、住宅の選択肢として圧倒的に多かったのが、単身者用のアパートという存在です。ではアパートとシェアハウスの違いは、どこかというとそれは家賃と初期投資の差が大きくあげられます。アパートを借りるにあたって、敷金や礼金の他に不動産への仲介手数料が必要となるのです。さらに月々の家賃と光熱費の他に、共益費といった諸々にお金がかかってしまいます。アパートの賃貸には必要とされる敷金や礼金といった初期投資を、抑えられるのがシェアハウスの大きな魅力の一つです。他にも冷蔵庫やガスコンロ、食器棚といった生活に必要な家具や家電が既に揃っているので費用を抑えられ引越しも簡単にできます。基本的には家賃と共益費のみで、最初だけ契約料が発生するといったシステムです。シェアハウスは同じ建物に、知らない人間同士が共有する空間と部屋を分け合って住む施設になります。基本的にはキッチンやトイレ、お風呂といった空間を他の住人と共有するものが増えると家賃も安い傾向にあります。しかしトイレとお風呂の共有が無理だという人は、室内にあるタイプも家賃が高くなりますがおすすめです。それでも家具や家電、敷金や礼金といった初期投資を省けるので、費用を抑えることができます。

Copyright© 2018 【アパート探しをスムーズに進めよう】物件選びのポイントとは All Rights Reserved.