【アパート探しをスムーズに進めよう】物件選びのポイントとは

最新記事一覧

間取りによって異なる

室内

住む人数でも異なる

家賃を抑えるために、シェアハウスを利用する人が増えてきています。友人や兄弟で住むという人も居れば、全く知らない人と住むということもあり、特に若者に人気です。一人では住めないような広いところでも、誰かと一緒なら家賃を折半できるため、支払うことができるからです。そこでまず、どんなシェアハウスに住みたいのか探してみましょう。とにかく間取りが広いところがいいというのなら、数名で住むことを前提に考えた方がいいかもしれません。当然、間取りが広いとその分、家賃も高めになります。例えば、古い一戸建てをシェアハウスとして提供することもよくあり、この場合は4LDKくらいあることも考えられます。ファミリーで住めるくらいの広さなので、4名くらいでシェアするといいかもしれません。戸建ての場合、いくら古い家でも家賃は10万円以上することがあります。それを4名で住むのなら、一人2万円から3万円で済むわけです。通常、2万円から3万円台の家賃というと、風呂なしのワンルームが多くなっています。それが戸建てならお風呂もあり、部屋数も多いため、快適に過ごせることでしょう。このようなお得感から、あえてシェアハウスを選ぶ人も増えてきています。もちろん、戸建てで間取りが広くても2名で住むこともできます。その代わり、2名で家賃を支払うので、一人5万円以上はかかるはずです。一般的な一人暮らし用のアパートやマンションとシェアハウスのどちらがいいのか、家賃も含めよく考えてみましょう。

Copyright© 2018 【アパート探しをスムーズに進めよう】物件選びのポイントとは All Rights Reserved.